• 森田療法セミナー

     第20回(2017年度)東京森田療法セミナー(入門コース)
     受講のご案内

    締切りました
    目的・受講資格
     このセミナーは森田療法の初心者向けのものです。森田療法の基本的な理論と治療の実際についての講義を行います。森田療法に興味を持っているが、どこでどのように学んだらよいか分からない方のためにこのセミナーを企画しました。
     受講資格は、メンタルヘルスに従事されている方、具体的には医師、臨床心理士、カウンセラー(学生相談、スクールカウンセラー、産業カウンセラーなど)、ソーシャルワーカー、精神保健福祉士、教育関係者、その他森田療法セミナー資格審議会が適当と認めた方です。原則的には、症例に対する守秘義務を持つ職業に就いている方を対象とします。
     当セミナーを修了された方(出席回数9回以上の方)には修了証を発行いたします。
    回数・日程・会場・研修内容・講師
    ■日  時 : 2017年5月~2017年11月(全11回)
          隔週木曜日 19:00~21:00

    ■会  場 : 家庭クラブ会館
        (JR新宿駅南口より徒歩8分、
         都営地下鉄新宿線・大江戸線新宿駅より徒歩4分)

    ■A.研修内容
    第1回     5月11日(木) 北西 憲二 :森田療法家のすべきこと
      (作業仮説と治療)
     -森田療法入門-
    第2回     5月18日(木) 久保田 幹子 :日記療法と面接
     -面接および日記療法の進め方と  具体的なコメントの仕方-
    第3回     6月  8日(木) 中村 敬 :診断と面接の進め方
     -対象の選択、診断手順、
      治療の選択、治療導入-
    第4回     6月29日(木) 舘野 歩 :入院森田療法
      -症例を通して入院森田療法の
       構造と治療プロセスを示す-
    第5回     7月13日(木) 岩木 久満子 :森田正馬から学ぶ
     -外来治療、通信指導-
    第6回     7月27日(木) 市川 光洋 :外来森田療法(1)
     入院から外来へ
     -森田療法の技法の変遷-
    第7回     9月14日(木) 伊藤 克人 :外来森田療法(2)
     -「何を治すのか」の共有と
       治療への導入の工夫-
    第8回     9月28日(木) 橋本 和幸 :外来森田療法(3)
     -日常臨床における
      不問技法の実際-
    第9回   10月12日(木) 久保田 幹子 :カウンセリングに活かす森田療法
    第10回   10月26日(木) 比嘉 千賀 :外来森田療法(4)
     外来森田療法の多面的アプローチ
     -自助グループや
      多職種との連携-
    第11回   11月  2日(木) 立松 一徳 :外来森田療法(5)
     -外来森田療法の基本とまとめ-
    ■B.講師(講演順)
    北西 憲二   (森田療法研究所・北西クリニック 院長)
    中村 敬   (東京慈恵会医科大学附属第三病院長 精神神経科教授、
     森田療法センター長)
    久保田 幹子   (法政大学大学院 教授、
     東京慈恵会医科大学森田療法センター)
    舘野 歩   (東京慈恵会医科大学附属第三病院 
     精神神経科診療部長、准教授)
    岩木 久満子   (顕(けん)メンタルクリニック 院長)
    市川 光洋   (飯田橋光洋クリニック 院長)
    伊藤 克人   (東急病院心療内科 医長)
    橋本 和幸   (調布はしもとクリニック 院長)
    比嘉 千賀   (ひがメンタルクリニック 院長)
    立松 一徳   (立松クリニック 院長)
    受講料
    ・医師:6万円
    ・メンタルヘルス従事者:4万円
    ・大学院生(医師・社会人大学院生は除く):2万円
    申し込み方法・認 定
    参加ご希望の方は、下記事務局まで郵便もしくは E-mail にてお問い合わせください。
    (行き違いを避けるため、お電話によるお問い合わせはご遠慮ください)

    <森田療法セミナー事務局>
    〒194-0298 東京都町田市相原町4342
    法政大学現代福祉学部 久保田研究室内
    森田療法セミナー事務局 宛
    E-mail: morita.seminer@gmail.com



    このセミナーは日本森田療法学会公認のものであり、セミナーへの参加は日本森田療法学会認定医、認定心理療法士資格の更新の条件の一つを満たします。

    フッター